ヨガはいつどこで始まったの?

ヨガの起源は諸説ありますが、日本におけるヨガ哲学第一人者・佐保田鶴治氏によれば

「起源前3000年から1500年位の間に栄えたインダス文明時代まで遡ると言えるであろう」

ということ。

同時に、インダス文字は解読されていませんので、ヨガに関する記述があるかどうか確かな確認はとれないのです。


yogaという言葉が初めて書物に登場したのは

さて、日本においては「ヨガ」と表記されることが多い「yoga」ですが、本来の発音に近いのは「ヨーガ」。

この語が書物で発見できるのは、リグ・ヴェーダという(世界史で習った!)古代インドの祭礼についての書物。

「馬を馬車に繋ぐ」という意味で使われています。

このヨーガが、ポーズ(アーサナ)、呼吸法(プラーナヤーマ)、瞑想(ディヤーナ)

を伴う一連の「ヨーガ」行法を指すようになったのは紀元前700年ぐらいではないかと推察されています。

ブッダにより仏教が開かれたのが、紀元前550年くらいなので、それより1、2世紀前のことになりますね。

ポーズ、呼吸、瞑想のヨガになった流れ

ではなぜ「馬を馬車に繋ぐ」言葉が「ヨーガ行法」を指すようになったのでしょうか。

ヨーガの目的は「五感(見る・聞く・嗅ぐ・味わう・触る)に引きずられず心を静止させること」だからです。

ん?まだよくわからないですね。

「御者がいない馬車」がどうなるか、考えてみましょう。

まったくむりですよね。

隣の馬と隣の馬が別の方向に暴走してしまうかもしれません。

インドの人は、人間は体と心・感覚と、魂を「馬車と馬と御者」に例えたのです。

「馬」を「体の感覚」と置き換えてみましょう。

「御者」を「心」とします。

心が体の感覚をしっかりと繋ぎとめておかないと、人は感覚におぼれてどこまでも暴走してしまう、ということになります。

紀元前にすでに、「人間は快楽に流されやすいものである。だから強い心をもって、律しなければまっとうな人間として生きられない」ということを、ヨガ行者たちは、知っていたのです。

動揺しない心、快楽に流されない心を保つのは、難しい。

だから、いろいろな方法で心を磨く修行が必要なのです。

そんなこんなで、落ち着いた動揺しない心を保つための行を、「馬を馬車につなぐ」yogaという名前をつけたのです。

LINEで送る

Satya Yogaのメルマガ
  • 無料メルマガご登録はこちら

    健やかに、美しく。
    毎日をもう少し楽しくする、ヨガとアーユルヴェーダのエッセンスをお届けします。