実は今、第三次ヨガブーム

ちょと大きな駅前に行くと、必ずと言っていいほど目に入る「ヨガ教室」の看板。

ヨガは日本で定番の趣味・スポーツになっています。

気づいたらヨガが流行ってたな、という感じではありませんか?

実は日本でも、ヨガは長い歴史があるんです。

密教としてのヨガ

平安時代、空海によりヨガの概念が日本の仏教に持ち込まれました。

その後、真言宗、天台宗に引きつがれ、マントラや座禅など密教の修行法と

してヨガ行法が取り入れられています。

明治時代

長らく密教修行法として、限られた人のなかで行われてきたヨガ行ですが、明治時代、中村天風氏により思想として広く伝えられることとなりました。

「日本人初のヨガ行者」とも言われています。

多くの著名人や政財界人が天風氏の教えに師事していました。

昭和時代

第一次ヨガブームの立役者となったのが、沖正弘氏。

現在の「健康法としてのヨガ」の位置づけは、ここでなされたといえます。

ヨガの古典を翻訳し、体と精神の統一という面からヨガ(ヨーガ)を広めた佐保田鶴治氏も、日本のヨガにおいて最も重要な一人です。

昭和40年〜50年代、カルチャースクール等でもヨガ教室の人気が高まり、中高年の女性を中心に地味に盛り上がりを見せていました。

ちなみにこの時期に、私の母、次いでわたしはヨガと出会っています^^

オウム事件

平成に入り、一連のオウム真理教の巻き起こした事件により、「ヨガやってる」

と言うのがはばかられる風潮が広まりました。ヨガ人口も激減。

わたしもあまりおおっぴらに「ヨガやってるの」とは口にしませんでした。

アメリカから輸入ヨガ

2000年代より、マドンナやリチャード・ギア、スーパーモデルのクリスティ・ターリントン、その他多数のセレブたちがヨガを始めたことから世界的ブームに。

日本にもそのブームは影響し、現在の第二次ヨガブームがここより始まります。

今、日本のヨガはブームを脱し、すっかり定着した感がありますね。

体の健康法としてだけではなく、精神性を見直す機運、生活全般からヨガ的に暮らそうという、より身近なヨガが発信されるようになったことは、わたしにとって嬉しい限りです!

LINEで送る

Satya Yogaのメルマガ
  • 無料メルマガご登録はこちら

    健やかに、美しく。
    毎日をもう少し楽しくする、ヨガとアーユルヴェーダのエッセンスをお届けします。