ダイエット目的のヨガは邪道?

「深く」ヨガをしている方は、「痩せる目的のヨガなんて・・・」と思う方が多いと思います。

私もそうでした。


でも、11年間ヨガ講師として4000人近い方に指導をする中で

「痩せる目的のヨガが、必要だ!」と気づきました。

今の私たちは、痩せている方もふくよかな方も、余分なものを身につけすぎています。

体も心も、栄養分たっぷり・余分なものたっぷりで、通りが悪くなっているんです。

どんなに良いものをプラスしようとしても、通り道が詰まっていては全く入らない。

まず、「ダイエット」が必要だ!と考えを変えました。

スロータス、ナーディ

専門的な言葉で言うと、心と体の通り道を

「スロータス」「ナーディ」「スシュムナー」なんて名前で呼ばれています。

ヨガのポーズや、瞑想の目的は、これらをお掃除して通りをよくすること。

お掃除しなければ、ものを見る目が濁ります。

直感も働かなくなります。

体も病気になります。

心と体を綺麗にしなければ、「心理の道」も開けないわけです。

どんなに素晴らしいことを学んでも、吸収することができない。

だから、まずはお掃除なのですね。

現代でいうと、ダイエット

それを今風に解釈すると「ダイエット」になるんですね。

ただし、ここで重要なのは

ダイエットして痩せるのが、最終目標ではないということ。

ですが、いいのです。

ヨガを続けて体が痩せた時に、見えるものが変わります。

「痩せる」がゴールではなかったと気づきます。

必ず。

サティア・ヨガで「ダイエットヨガ」に力を入れるようになったのは、そんな理由です。

LINEで送る

Satya Yogaのメルマガ
  • 無料メルマガご登録はこちら

    健やかに、美しく。
    毎日をもう少し楽しくする、ヨガとアーユルヴェーダのエッセンスをお届けします。