アーユルヴェーダ飲酒法

今年の夏、あまりに暑いですのでビールが進む!


ですが、逆の現象を感じている方もいらっしゃると思います。

暑いからビールやチューハイを飲むのだけど、いつもより美味しくない。

しかも飲んだ後、酔いが心地よくない。

お酒の回りが早い。

飲んだ後、ひどくだるい。

これは、体のなかの熱のエネルギー=pittaが高まりすぎて危険サインを出しているから!

お酒は体内と心の熱量を高めます

アーユルヴェーダの原理は

「似た性質のものは似たものを増やす」

お酒と夏の暑さは、同じ性質を持ちます。

しかもこの酷暑、暑さがすでに「攻撃的」なまでのもの。

お酒も私たちの中で、私たち自身を「攻撃する」のです。

「あまり美味しく感じないな」は、体からのサイン。

この警報を無視しないで、今年の夏はお酒は控えめにしましょう。

いつも通り美味しいよ、という方も、いつもの夏より控えめになさってくださいね。

LINEで送る

Satya Yogaのメルマガ