話題になった『ベターっと開脚』

2年ほど前に話題になった『ベターっと開脚』

多くの方が興味を持ち、本もベストセラーになりました。

ところで、なぜそんなにもヒットしたのでしょうか。

こぞって人々が開脚したがる理由、なんでしょう?

開脚をしたいのに、理由はない


ヨガ講師として長年体に向き合って来た実感として

『開脚をやりたい、開脚ができるようになりたい』

という思いに、理由なんてない。

シンプルに、「開脚ができる」ことに憧れているだけだと感じています。

同じ体改造でも、ダイエットをするのは

「健康のため」「綺麗に見られたい」「着る洋服がない」

など、それ相応の理由があります。

しかし普通の人が180°開脚をしたがるのは、単にできるようになりたいから。

それだけに、シンプルな動機とも言え、それはまさにヨガ的であるとも言えましょう。

ベターっと開脚は、ヨガではない

ベターっと開脚を目指す多くの方は、壁を使ったり、無理して頑張ったりしています。

ヨガとはかけ離れた、「ストレッチ体操」です。

ヨガにも開脚ポーズはあるのです。

ヨガの開脚ポーズは、開脚することが目的ではありません。

開脚している今の変化を、丁寧に観察し、感じることを目的にしています。

無理して神経痛になるなんてことになれば、それはヨガではありません。

でも、シンプルに体を楽しむことはヨガ的なこと

シンプルに開脚を楽しむ、体の動きを探るのであればそれはヨガポーズと言えます。

180°開脚にこだわることなく、180°開脚を楽しむ。

この差が分かれば、それは意味のある開脚となるのです。

加えていうならば、開脚は90°以上ひらけば十分柔軟性がある言えます。

無理して開脚して怪我をすることは、絶対に避けましょう。

LINEで送る

Satya Yogaのメルマガ
  • 無料メルマガご登録はこちら

    健やかに、美しく。
    毎日をもう少し楽しくする、ヨガとアーユルヴェーダのエッセンスをお届けします。