体調は悪くなかったはずなのに、激痛!

昨日アーユルヴェーダトリートメントを受けてくださったお客様は、

「疲れているだけで体調は悪くない」

と、おっしゃっていました。


ところが、施術を始めるとあちこちで

「未だかつてない痛み!!」

を感じたとのこと。

ご自身の気づいていない痛みが、体にはあったということ。

施術後は実は気になっていた関節の動きの悪さが、治ったと驚いていらっしゃいました。

もしこれを放置していたらどうなったんですか?

「もし今日アーユルヴェーダを受けなくて

この痛みに気づかず放っておいたら

どうなっちゃうんですか?」

と質問を受けました。

いずれ、病気になります。

症状が病気になる前に、ケアするのがアーユルヴェーダなのです。

アーユルヴェーダの「未病」

アーユルヴェーダは病気の段階を6段階に分けます。

「健康」な状態から出発すると、7段階に分かれますね。

1.健康
2.蓄積(不調の素がたまり始める)
3.増悪(不調の素が増える)
4.播種(不調の素が、病気の種となって広がる)
5.極在化(病気の種がその人の弱い部分に定着)
————————————–
6.発症(症状となって現れる)
7.慢性化(病気が慢性化する)

通常ですと、5までが「未病」と一括りにされてしまいます。

アーユルヴェーダでは、「未病」をさらに細かく分類して

そのステージに合ったケアをするのです。

早ければ早いほど、対処は簡単。

例えば白湯を飲む、体を温める、ということもアーユルヴェーダのケア。

とはいえ、自分で体調をメンテナンスするのは限界があります

未病のうちに気づいて対処すれば良い、それはまあ、わかります。

そういえども、どうしたって体調を崩すもの。

だからこそ、定期的にオイルトリートメントを受けることで

「未病」の、しかも「早期未病」のうちに対処できるのです。

私がアーユルヴェーダで一番お勧めしたいのが

「病気になる前にケア」すること。

ほとんどの方が「別に今病気じゃないから大丈夫」

と思っていらっしゃいます。

残念ながら「全く健康」な大人はほぼいない。

アーユルヴェーダを定期的に受けていただくことで、

早めに病気の芽を摘むことができるのです。

LINEで送る

Satya Yogaのメルマガ
  • 無料メルマガご登録はこちら

    健やかに、美しく。
    毎日をもう少し楽しくする、ヨガとアーユルヴェーダのエッセンスをお届けします。