ヨガとアーユルヴェーダの違いがわからない

ヨガ教室と、アーユルヴェーダサロンを経営している私がよく聞かれること。

「ヨガとアーユルヴェーダの違いがわからないのよ」

ヨガとアーユルヴェーダは、切っても切れない深い関係のもの。

では、いったいどんな関係なのでしょうか。

そもそもヨガって、なに?


ヨガは、古代インドで発祥した、心の平和を目指すための行を指します。

その一部分が、体を使って体操のようなことをするヨーガ。

ヨガは他に、哲学、正しい行いをする、マントラを唱える、神への帰依など色々なやり方があり、その全ての目的が「心を平和にする」ことなのです。

心を平和にするための行の邪魔になるのが、病気や怪我。

体の健康は、ヨガの必須条件なのです。

じゃあアーユルヴェーダは?

アーユルヴェーダも古代インドで発祥した、伝統医療です。


最初は呪術で病気を直そうとしていましたが、のちに薬草などを使った本格的な医療へと発展しました。

薬草を数種類油で煮込むと、より効果的だと気づいたことで、アーユルヴェーダのオイルトリートメントも始まったのです。

そしてアーユルヴェーダは、体の健康だけではなく精神疾患もケアします。

病気の原因に、心の状態が大きく影響していることを知っていたのです。

互いに補い合う、ヨガとアーユルヴェーダは『双子の科学』

心の平和を求めるために、体の健康が必要。

体の健康を保つために、心の健康が必要。

ヨガとアーユルヴェーダは、互いに補い合って人々の健康を守ってきました。

だから、アーユルヴェーダヨガ

ヨガから入った私が、アーユルヴェーダに興味を持ちのちにセラピストになったのは当然の流れ。

体のケアと心のケアの両方ができて初めて、『魂』を磨くことができるのです。

LINEで送る

Satya Yogaのメルマガ
  •  

    無料メルマガご登録はこちら

    ヨガダイエットメルマガ
    楽してたのしく痩せるコツを配信中。