スリランカではアーユルヴェーダを国で保護しています

今年のスリランカの旅は、アーユルヴェーダのルーツと今を知ることが目的の一つ。

現在スリランカでは、国を挙げてアーユルヴェーダの保護に乗り出しています。

伝統医療省という省庁があり、自国の宝であるアーユルヴェーダをしっかりと立て直そうとしています。


アーユルヴェーダはヨーロッパ人によって押しやられた

スリランカでは、植民地時代に西洋医学がアーユルヴェーダを押しやった歴史があります。

紀元前3世紀ごろに伝わったアーユルヴェーダは、土着の医療と結びついてスリランカの人たちに身近な医学でした。

そのアーユルヴェーダを、西洋人たちは野蛮なものとして位置付け、また昔から木簡で伝わるアーユルヴェーダの医学書を自分の国の博物館に展示するために略奪しました。

独立前のスリランカでは、アーユルヴェーダがバラバラな状態になってしまっていたのです。

独立後、各地でバラバラに行われていたアーユルヴェーダを体系化したのがウィクラマラッチという人。

アーユルヴェーダオイルのレシピを統一したのも、このウィクラマラッチさん。

当サロンが使用しているアーユルヴェーダオイルを作った人です!

質が高く、効果が出て当たり前ですね^^


国立大学でアーユルヴェーダを教えています

スリランカではアーユルヴェーダ医師は西洋医療と並んで、国家試験を通った医師です。

そのための大学が2つあります。

当サロンのオイルを作ったウィクラマラッチさんは、大学も作っているのですが、それがこの大学に学部として残っています。


ガンパハ県にあるケラニア大学。

もう一つが、首都コロンボにあるコロンボ大学。

洲濱が教えを乞うた、アーユルヴェーダ医師Dr.Prasadはケラニア大学出身。

来年はコロンボ大学出身の医師に学ぶ予定です♡

ここで学んだ若い人たちが、どんどん世界にアーユルヴェーダを広めてくれると思うとワクワクしますね!

LINEで送る

Satya Yogaのメルマガ