視覚は知覚の8割を占めます

アーユルヴェーダの良さを知っていただきたい

ご自分の健康のために、ヨガを取り入れていただきたい

43才、SNSで頑張って宣伝しております^^;

若者たちがたくさん見るというインスタグラムに、動画をアップしました。


すごくイイ顔して写っていますが、終わりの真顔に戻るところが自分的にツボでした(笑)

さて、SNSがこれだけ支持されるのは「視覚」を刺激する情報だから。

文字とは違う、「見てわかる」ものだからです。

視覚は、知覚からの情報の8割を占めています。

視覚を上手に利用する

情報の8割を視覚が占めるのならば、その視覚を利用しない手はありません。

心を健やかに保つためには、美しいものを見るようにしましょう。

今なら、梅の花など見られますよ^^

「こうなりたい」と思うイメージに近づけるためには、服装を理想のイメージにチェンジすることも有効です。

鏡でふと自分を見たときに、「こうなりたい」というイメージの服装で写っている自分が見えたら、いつしかそのイメージ通りの自分になります。

ところが、人は自分が変わりたくても変わることに抵抗感を覚えるもの。

「なりたい自分のイメージを着る」前に、お部屋の目立つところに吊るしておきましょう。

視覚から、徐々にマインドは変わります。

だからこそ、遮断も必要

それほどに私たちに影響する視覚情報です。

意識して、良いものを見るようにしましょう。

そして、良いものも好ましくないものも、全て遮断する習慣もつけてください。

目を閉じたとき、耳は研ぎ澄まされます。

皮膚は、空気を感じるようになります。

気づかなかった香りを感じます。

味覚が、敏感になります。

刺激の強いものに麻痺するのが、私たちの感覚。

センシティブでいられるために、目からの情報を遮断する時間を持ちましょう。

LINEで送る

Satya Yogaのメルマガ
  •  

    無料メルマガご登録はこちら

    ヨガダイエットメルマガ
    楽してたのしく痩せるコツを配信中。