春の使者に出会いました

ヨガレッスンに向かう途中の道、毎年楽しみにしている場所があります。

今年も^^


つくしが芽を出していました。

この可愛らしい春の使者の中に、アーユルヴェーダの壮大な世界が広がっているんですよ!

アーユルヴェーダでは、自然を作るものを5つの元素だと考えています。

・空間、広がりの「空」=アーカーシャ

・動き、方向性の「風」=ヴァーユ

・熱、変化の「火」=アグニ

・液体、流動性の「水」=ジャラ

・個体、構築性の「土」=プリトゥヴィ

この五つが全部揃って、可愛らしいつくしになるのです。

つくしの中のアーユルヴェーダ・もともと全部材料は揃っている

植物は、種や胞子などで増えます。

つくしは胞子で増える種類の植物ですね。

さて、胞子には「つくし」になる材料が全部詰まっています全て揃っています。

親(?)のつくしから飛んだ胞子は、まだつくしではありませんが、つくしのための材料は詰まっているんです。

自然を成り立たせるものは、減りもしないし増えもしない。

ただ、形が違うだけ、ということなのです。

つくしの中のアーユルヴェーダ・空間

つくしの材料は、春になると胞子の中で広がろうとする動きが生まれます。

発芽のために、材料が成熟していって、その空間が増えるのです。

これは、「空」アーカーシャの働きです。

つくしの中のアーユルヴェーダ・風

胞子の中で、「発芽したいよう」という広がりが生まれました。

次に、地表に向かって芽をだすために、上方向に伸び始めます。

もちろん、根っこも地中に広がります。

これは、「風」ヴァーユの力によるもの。

つくしの中のアーユルヴェーダ・火

「発芽したいよう、そのためにはあっちに伸びよう」の動きがでたつくし。

つくしの中で、発芽するためのエネルギーを生み出す化学変化が起きます。

その時に、熱が生まれるのです。

これは、「火」=アグニの力によるものです。

つくしの中のアーユルヴェーダ・水

発芽する環境は整いました。

あとは、養分が必要です。

養分は「水」=ジャラの働きで運ばれます。

つくしの中のアーユルヴェーダ

いよいよ、芽を出したつくし。

つくしとして、すくすく育ちます。

つくしの形を作るのが「土」=プリトゥヴィの力。

こうして、つくしは自然界の全ての力によって発芽するのです。

つくしの中のアーユルヴェーダ・枯れる

やがてつくしは、枯れてゆきます。

乾燥して、最後は土に還る。

アーカーシャの働きで、分解されます。

その一方で、つくしは胞子を飛ばしています。

空に戻る前に、次世代のために土の要素を生み出し、眠らせるのです!

なんてロマンティックなんでしょう!!

人間も同じです

これを人間に読み替えてみてください。

ヨガでは「宇宙は私たちの中にある」と教えますが、その理由がわかるでしょう!

なんて素晴らしく、なんて素敵な世界なんでしょう。

道端の小さな草花にも、宇宙があるんです。

なんて愛おしいこの世界。

LINEで送る

Satya Yogaのメルマガ
  •  

    無料メルマガご登録はこちら

    ヨガダイエットメルマガ
    楽してたのしく痩せるコツを配信中。