キャンドルで目から浄化

先ほど、アーユルヴェーダサロンのブログにこんな投稿をしました。

実はキャンドルの灯りは、神経を浄化させる働きがあるのです。

クリスマスの季節に、みなさんがキャンドルを求めるのは理由があったのです^^

・神経が高ぶって落ち着かない
・イライラする、そわそわする
・めまぐるしい忙しさで疲れ切っている
・不安や、反対に楽しさを抑えきれない

こんな状態を、和らげてくれるのがキャンドル。

アーユルヴェーダの浄化法の一つに「トラータカ」と呼ばれるものがあります。

キャンドルの灯をじっと見つめることで、目から神経を和らげ・心を浄化するのです。


こちらでは、さらに掘り下げてお話ししましょう。

火と第三の目の関係

ヨガの視点から、キャンドルの火の浄化作用について考えてみましょう。

目のエリアは、第六チャクラ・アジュニャチャクラのエリアです。

アジュニャチャクラは「第三の目」と呼ばれているエネルギーセンターで、「真実を見極める」力を秘めています。

ところが、私たちが実際の「目」つまり視力を使いすぎると、秘められた「眼力」が閉ざされてしまうのです。

目に映るものだけに頼ってしまう生き方、ということをしすぎると真実を見極める目が閉じてしまう。

やれ忙しや、あれを片付けこれを片付け・・・とせわしなく生活していると、本当の知性が鈍ってしまうのです。

目は火のパワーが司るエリア。

ですから火の調整が必要になります。

火の調整だから、水をプラス?

加熱した火を調整するならば、水を少しかければ良い気がしませんか?

そうではなくて、同じ火のエネルギーだけれども、性格の違う火のエネルギーで調整するのです。

加熱した火には、穏やかな火。

真夏のギラギラした太陽の光を和らげるのは、穏やかな灯。

同じエネルギーであっても、性格が違うのです。

キャンドルの炎が、心のささくれを和らげるのはこうした理由。

もともと「火を焚くこと」は、古くからインドで「神様を喜ばせる神聖な儀式」と見なされてきました。

神に捧げる焚き火を、ホーマーと言いますが、これが日本に入ってきて「護摩供養」になったのです。

大きな焚き火が神様への捧げものだとしたら、穏やかなともしびは自分への捧げものと言えますね^^

チャクラは見えない、触れないけれど確かにある

チャクラは見えませんし、触ることはできません。

でも確かにそこにあって、エネルギーのバランスで私たちに大きな影響を与えています。

忙しい季節は特に、注意してバランスを取る生活を送りましょう。

トラブルや病気、怪我を避けるために、頭の隅っこにおいておいてくださいね^^

LINEで送る

Satya Yogaのメルマガ