サットヴァ的な食物・ギー

この夏の我が家は、受験生を抱えた夏。

夫の号令がかかり、連休初日におもちゃ類を大一掃しました。

普段綺麗に掃除しているつもりでも、埃が立つんですよね。

その日から長男、次の日から次男が

目のかゆみを訴え始めました。

そして今朝は、目の充血・かゆみが酷くなっているということで

朝からアーユルヴェーダ薬を作りました。

昔から、サットヴァ(清澄)的な食べ物として、食べられているギー。

「ちびくろさんぼ」の「トラのバタ」は、実はバターではなくギーのこと。

やけどや湿疹のための軟膏にも使われる、鎮静作用のある油です。

全ての体質に良いとされるものですが

特に、炎症を引き起こす「ピッタ」性が高まっている時

つまり目のかゆみ、皮膚のかぶれなどに効きます。

ギーの作り方




(材料)
無塩バター
厚手のステンレス製小鍋
温度計
じょうご(あれば)
ペーパータオル(不織布性のもの、コーヒーフィルターなど)

(手順)
①無塩バターを、ステンレスなべで弱火にかける。バターが溶けたら、少し火を強める

②120度になったら火を消す。

あるいは
➁大きな泡が出てきたら、焦げないように注意

➂大きな泡が消え、小さな泡に変わり、ポップコーンのような香りがしてきたら火を止める。

そのあと

④消毒した瓶にフィルターをセットしたじょうごでギーをこし入れる

完成です。簡単!

冷蔵庫に保存すれば、半年はもちます。

料理にバターがわりに使用したり、

夜寝る前にホットミルクに小さじ一ほど溶かしたり、

用途はいろいろ。

ここからはご興味のある方のみご覧ください


参考図書:『科学の名著・第II期インド医学概論・チャラカ・サンヒター』矢野道雄著/朝日出版社

アーユルヴェーダの内科医学書としてもっとも広く使われている

「チャラカサンヒター」にも、ギーの効用は多く言及されています。

(第13章・油剤に関する章より)

『ギーは、ピッタとヴァータを除去し

栄養素の循環系統(ラサ)、精液、生命力の増大(オージャス)のために

有効である。

冷却力があり、体を柔軟にし、声と顔色をよくする』(第3節)

『次の人はギーを服用すべきである。

ヴァータ的体質、ピッタ的体質、ヴァータピッタ的体質

視力をよくしたいと思う人、

怪我をしている人、痩せた人

老人、子供、体力のない人

寿命を伸ばしたい人、太りたい人

子供を欲している人

若々しさを求めている人

消化力、活力、記憶力、知恵、

燃焼力、理性、感覚機能の力を求めている人

焼灼感、外傷、毒、やけどで苦しんでいる人
*目のかゆみに効く根拠』(第10節)

(第27章・飲食物の規定に関する章より)
『ギーは記憶力、知力・消化力・精力

活力(オージャス)・カパ・脂肪を増大させ

ヴァータ・ピッタ・毒物・錯乱・疲労・不幸

発熱を除去し

全ての油脂類の中でももっとも優れ

ラサの状態(舌で味わう味)でも

ヴィーパカの状態(消化過程での味)でも

冷却性と甘みをもち、

無数のヴィールヤ(飲食物・薬の薬効性)をもち、

多くの用い方によって(処方すると)無数の効果を与える』
(9節より)

アーユルヴェーダに於いて、いかに重用されてきたか

わかるほどの言及です。

そして、私たちもその効果を簡単に享受できるのが

とっても嬉しいことです!

LINEで送る

  • 穏やかなヨガ的生活を楽しもう calm yoga-life

    幸せな人生をおくるために、「バランス」を大切にするインド伝統医学『アーユル・ヴェーダ』。ヨガはアーユル・ヴェーダを生活に取り入れるための方法です。
    毎日ご機嫌でいられるための、運動だけではない自分メンテナンス方法をヨガ的視点でお届けします。

  • 今のあなたにオススメのレッスンは?質問に答えるだけでわかる 体調別おすすめレッスンチャート
  • 骨盤が動いた!身体がかわって楽しい!リピート率80%のまた行きたいヨガ レッスンのご感想