「ヘナ」は、いわゆる髪染めではありません。

薬草成分を体内に取り込み、デトックスと栄養補給を目的にした

アーユルヴェーダのヘルスケアの一つです。

しかし嬉しいことに、ヘナには染色効果があるのです。

これを利用して、ヘアカラーリング効果も狙っちゃおう、というものなのです。

ヘナでデトックス

へナはアーユルヴェーダでは、ヘアカラーリングではありません。

頭皮からヘナの薬効成分が浸透して体の老廃物を腸や腎臓に集め、排泄するために行うもの。

ですから、ヘナはじっくりと時間をかけて頭部をパックするのです。

血行を促進し、流れがスムーズになった血液に薬草成分が乗って全身を巡ります。

・トイレにいく回数が増える
・喉が乾く
・だるさがでる
・眠くなる
・手足がポカポカする

こんな効果を感じられる方も多いのです。

でも、ヘナは永久染毛なのです

ヘナはデトックスケア。

しかし実際、髪の色が染まります。

ヘルスケアの副産物として、ヘナの染色効果の恩恵を楽しんでいただけたら嬉しいです。

ヘナ中のローソンという成分がは髪の毛のケラチンに絡みついて、色素定着します。

つまり、『永久染毛』です。

髪の毛を切るまで、色は落ちません。

(日光による退色はもちろんあります)

ヘナの難点は、色のコントロールができないこと

髪の毛が豊かになる、ツルツルになる、体の中のケアになる

そんな素晴らしいヘナケアですが、最大の難点が

発色がイマイチ

という点なのです。

ケミカルカラーリングをイメージすると、そこは大変劣ります。

ヘナのカラーは赤〜オレンジ。

髪の毛の繊維に色が絡みつくので、黒髪も陽に透かすと色がついていることがはっきりわかります。

・白髪多め、ヘナ100%の場合

・白髪少なめ、ヘナ100%の場合

かなり明るく発色します。

これを抑えるには、インディゴパウダーを配合します。

・白髪少なめ、ヘナ+インディゴ

インディゴのデメリットは、

アレルギーを起こす人がいる

塗布時間が1.5hなので、ヘナケアとして薬効成分を浸透させるには時間が不足

とう点です。

何を優先にしたいか考え、ヘナケアにトライしてください

素敵な色味の髪を楽しみたい、その気持ちが強い方は、ケミカルカラーリングを選ぶと良いでしょう。

人生の楽しみは、人としての幸せに直結します。

『健康でいるため』に、何もかも我慢したとして、本当に『健康』になれるのでしょうか?

もしケミカルカラーリングを選ぶなら、ヘナではなくて、アーユルヴェーダヘアオイルのパックを習慣づけてください。

ブルンガヘアオイル

0か100か、ではなくて折衷案が案外幸せの秘訣だったりします。

LINEで送る

  • 穏やかなヨガ的生活を楽しもう calm yoga-life

    幸せな人生をおくるために、「バランス」を大切にするインド伝統医学『アーユル・ヴェーダ』。ヨガはアーユル・ヴェーダを生活に取り入れるための方法です。
    毎日ご機嫌でいられるための、運動だけではない自分メンテナンス方法をヨガ的視点でお届けします。

  • 今のあなたにオススメのレッスンは?質問に答えるだけでわかる 体調別おすすめレッスンチャート
  • 骨盤が動いた!身体がかわって楽しい!リピート率80%のまた行きたいヨガ レッスンのご感想