新しく入った生徒さんのリクエストがありました。

「はじめと終わりに歌う歌(マントラのことですね)、何を歌っているのかわからないので、歌詞をください」

マントラは本来、師が唱えるものを耳で聞き覚えるもの。

私も自然に覚えてしまいました。

人によっては、文字にして覚えたい方がいらっしゃいますので、ペーパーにして作成しました。

まずは、「マントラって何?」「マントラって何で唱えるの?」ということから解説しますね。

こちらにも転載しますね。

マントラとは
ヴェーダの時代(紀元前5世紀ごろ)、バラモン(僧)が神を祀る祭祀の時に唱えた文言。

始めは口伝であったが、のちに書物にまとめられている。

t01280106_0128010612567157341
オーム
バラモンが祭祀の際に受け答えに使う言葉であったが、次第に神聖な意義を持つようになる。

宇宙の根源であるブラフマン(梵)の象徴である」(ウパニシャッドより)

マントラを唱える意味
口伝で行われていたヨーガは、紀元前2世紀ごろ「ヨーガスートラ」に体系的にまとめた。

スートラ」とは「縦糸」=経(たていと)の意味である。

・神に対する祈りによって、無欲無執着無我に近づくことができる

・「神」とは、自分自身の魂のことである

・「神」を言葉で表したのが聖音「オーム」である

・ヨーガ行者は「オーム」を繰り返し唱え(*108回)
オームが表す「自分の本当の姿・魂」について想念しなさい

・そうすると、内観の力を得、あれこれ心乱されない平和な境地に至る

マントラの実際の効果
・マントラは振動・言葉の響きなどによって、心身がリラックス

・繰り返し唱えることによって、潜在意識に刷り込まれる

・潜在意識に刷り込まれたマントラは、「私たちがヨーガをする=平和な気持ちになるという」ことへのスイッチとなる。

・心を集中させ、雑念を払っていく

いよいよ生徒さんのリクエスト「歌詞」の解説ですが長くなりましたので次の記事で。

LINEで送る

  • 穏やかなヨガ的生活を楽しもう calm yoga-life

    幸せな人生をおくるために、「バランス」を大切にするインド伝統医学『アーユル・ヴェーダ』。ヨガはアーユル・ヴェーダを生活に取り入れるための方法です。
    毎日ご機嫌でいられるための、運動だけではない自分メンテナンス方法をヨガ的視点でお届けします。

  • 今のあなたにオススメのレッスンは?質問に答えるだけでわかる 体調別おすすめレッスンチャート
  • 骨盤が動いた!身体がかわって楽しい!リピート率80%のまた行きたいヨガ レッスンのご感想