◇妊活には、風要素を減らしましょう

こんにちは。洲濱(すはま)久美子です。

本日は少し遠出して、骨盤美人ヨガ・さいたまレッスンでした。

ヴィーラバドラアーサナ

レッスン後、早速のご感想をいただきました。

Mさん:足が(内腿あたり)がぷるぷるしてマス^^;

Sさん:前回のほうがきつかったですよね?

Mさん:ええ!!!

今日の関東地方は強風です。

骨盤を整えて、女性らしいエイジングを目指すヨガレッスンですから、速い・キツイ・息が上がるはナシのレッスンでしたから、MさんもSさんも大正解です。

体で理解してくださったご様子です。

強風の日は、「しっとり、ねっとり、じっくり」ヨガを選びましょう。

特に生理不順にお悩みの方や、妊活中、更年期に差し掛かる女性は、体内の風エネルギーを抑える必要があります。

風エネルギーが体を乾燥させ、体内リズムを不規則にし、内側から冷やします。

ヴィーラバドラアーサナ

ヴィーラバドラアーサナ(英雄のポーズ)は、心身に安定感を与えるポーズです。

不安定になりやすい時、不安定な気候の時はおすすめなのですが、これほどの強風の日はいつもより前足の曲げを浅くしてポーズしましょう。

ポーズから「激しさ」という要素を抜き取ります。

その分、膝の方向(外に開いていないか、内側に入っていないか)、骨盤の向き(前傾していないか)、細やかに注意を向けていきます。

端正なポーズを目指しましょう。そうすることで、安定感のある姿勢がとれます。

月経不順、妊活、更年期症状に効果が高いパッシモターナ(座位の前屈)です。

このポーズも、骨盤調整を意識するならばいかに上体を倒せるかより、リラックスして背面を引き延ばすようにすることが大切です。

緊張した前屈

緊張感がみなぎるポーズですね。

これでは呼吸も浅く、あるいは止まっているでしょう。

骨盤内の血行は悪くなってしまいます。

骨盤温め前屈

このように上体の力を抜いて、腰の伸びを感じながらポーズを保ってください。

こちらも骨盤調整に効果がある、ウッターナアーサナ(立位の前屈)です。

アジャスト

女性は脚の筋力が弱いので、どうしても尾てい骨が下がってしまいがちです。

少人数レッスンでしたら、その方の脚の状態に合わせてアジャストします。

Cさんは、太もも裏を引き上げていますね。

アジャスト2

Tさんは、膝裏の靭帯を伸ばしすぎないように、わたしの膝まで使ってアジャスト(笑)

「月に一度ではなく、毎日少しずつでもこのヨガをやりたいので、DVD作って欲しい!」とリクエストいただいてしまいました^^

LINEで送る

  • 穏やかなヨガ的生活を楽しもう calm yoga-life

    幸せな人生をおくるために、「バランス」を大切にするインド伝統医学『アーユル・ヴェーダ』。ヨガはアーユル・ヴェーダを生活に取り入れるための方法です。
    毎日ご機嫌でいられるための、運動だけではない自分メンテナンス方法をヨガ的視点でお届けします。

  • 今のあなたにオススメのレッスンは?質問に答えるだけでわかる 体調別おすすめレッスンチャート
  • 骨盤が動いた!身体がかわって楽しい!リピート率80%のまた行きたいヨガ レッスンのご感想