スクリーンショット 2015-01-04 18.40.28

今年の年末年始も、この検索ワードが多かったようです。

1位・・・帰省 便秘
2位・・・義実家 便秘
3位・・・帰省中 便秘

みなさん便秘に悩んでいらっしゃるご様子ですね。

義実家帰省で便秘する理由

俗に「環境が変化すると便秘しやすい」といいますが、こういう理由からなんです。

便意や尿意は、安心できるときに起きる現象です。

動物が戦いの最中に便意をもよおしたら、敵に狙われてしまいますもの!

つまり神経が高ぶっている緊張状態の時には、便意が起きにくいということ。

普段と違う環境にあるということは、やはり緊張状態になりますので、帰省時には便秘になりやすい。

義実家帰省中の便秘対策の鍵は、「緊張」をどう扱うかにありそうです。

便秘予防の方法・「乾いた」便秘

環境の変化による便秘の多くの原因は、「風」のいたずらです。

まずは「乾いた」便秘対策を見ていきましょう。

1.「普段通り」心をがける

平常心が緊張をゆるめます。

常にいつもと同じ自分でいられるように工夫しましょう。

・義両親にいいカッコしようとしない。無理しない。
・家事もそこそここなす。普段通り。
・普段からトイレのフレグランスを決めておく。
私の場合はラベンダーエッセンスでトイレ掃除しますのでそれが「普段と同じトイレの香り」を演出します。

2.風のエネルギーをコントロール)

アーユルヴェーダ的に考えると、「環境の変化による便秘」は風のエネルギー・ヴァータの過剰によるもの。

体内・心の中の風をコントロールする生活を。

・根菜類・乾燥したものを摂り過ぎない。
・お茶を飲み過ぎない
・豆類を食べすぎない
・脂質を摂る・・・ホットミルクにギー(無塩バターを精製したもの)を少量溶かしたものがおすすめ。ない場合は、ホットミルクにバターを溶かすもので代用。

お正月は、渋茶をすすりながらテレビを見たりしがち。

見落としがちですが、渋みはヴァータを増やして体の中を乾燥させてしまいます。

おせち料理につきものの豆類・乾物類も要注意。

適量を撮る分には構いませんが、便秘症の方には注意が必要な食品です。

また、ビールや冷たい飲みものも要注意です。

乾いた便秘解消ヨガポーズ

下半身に溜まった「風」を抜くポーズで、便秘を解消しましょう。

仰向けになって曲げた両膝を抱きかかえるパヴァナムクタ・アーサナ(駆風のポーズ)がおすすめです。

未消化物性の便秘

もう一つの便秘の原因は、「未消化物が体内にたまる」ことが原因のもの。

帰省や旅行中は、どうしてもご馳走を食べがちです。

お腹が空かないうちに、消化に重い食事をとったり、間食をしたり。

そんな場合は、「排出」を心がけます。

1.白湯を飲む
アーユルヴェーダの最高の消化剤です。

2.トリカトゥを飲む
辛味は消化の炎を燃やしてくれます。
白湯で解消しきれない胸のムカつき、消化不良には三つのスパイスで作る簡単デトックス飲料を。
トリカトゥの作り方

未消化物性の便秘対策ヨガ

上にあげた「パヴァナ・ムクタ・アーサナ」に続けて、ねじりのアレンジを入れましょう。

胃腸をねじることで消化の炎を燃やす働きが高まります。

お腹に引き寄せた両膝を合わせて、左右の床に下ろす。

顔は膝と反対方向を見るようにしましょう。

お腹を大きく膨らませ、凹ませ、腹式呼吸を意識します。

LINEで送る

  • 最近の記事

  • Satya Yoga のテーマ別メルマガ

    レッスンにお越しくださった方からよくご質問のあるテーマをメルマガで配信しております。 いずれも7日間のメルマガです。お気軽にご登録ください。
  • メルマガ ヨガ的妊活術

    子どもを育める体づくり心づくりに役立つヨガを7日間でお伝えしていく内容です。
    自分自身が心地よいと感じることが、妊活ヨガでもっとも大切なこと。楽しく妊活しましょう。